Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

四万温泉・清流の湯

今日は私のお気に入りの日帰り入浴施設「四万温泉・清流の湯」を紹介します。

四万温泉は結構好きな温泉地でよく訪れています。

最近は、無料の共同浴場を利用することも多くなりましたが、ゆっくりしたい時は、この清流の湯に立ち寄ります。

無料の共同浴場は、どれも大体3人くらい入るといっぱいで狭いのですが、ここは広いのが魅力です。

山口露天風呂は、他の共同浴場から比べると広いですが、洗い場や休憩室がないのです。

ただ、山歩きの帰りに、一風呂浴びて帰るには、共同浴場でも全く問題ありませんが、やはりゆっくりするには、「清流の湯」です。

seiryunoyu001.jpg


↑清流の湯・男性露天風呂「ひょうたんの湯」

seiryunoyu002.jpg


seiryunoyu003.jpg


↑私は囲いのない露天風呂が一番好きです。

対岸の温泉旅館から丸見えの男性用露天風呂です。

seiryunoyu004.jpg


↑男性用露天風呂は湯船が2つあります。

(2つの湯船は下で繋がっています)

小さいほうには打たせ湯が付いています。

ここから時計が見られます。

seiryunoyu005.jpg


↑露天風呂の下には四万川が流れています。

かなり綺麗な川です。

seiryunoyu006.jpg


↑内風呂、男性大浴場「矢羽根の湯」

寝転げるように、石が置いてあるところが2箇所あります。

サウナなどはありません。

内風呂は湯船は1つです。

【四万温泉・清流の湯】

●営業時間:

4月1日~10月31日 10:00~21:00
11月1日~3月31日 10:00~20:00

●休館日:

第4水曜日と12月27日~12月29日

●料金:

2時間 大人500円 子供300円
4時間 大人800円 子供500円
1日  大人1500円 子供900円

●泉質:

ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩温泉

●効能:

リューマチ・婦人病・慢性皮膚疾患・胃腸病など

●休憩所:

32畳の大広間(無料)+別料金の個室(9畳の和室4室有)

☆個室料金:

平日1時間1000円、土日祝日&年末年始1時間1500円

●住所&電話番号:

群馬県吾妻郡中之条町大字四万3830-1
電話:0279-64-2610
FAX:0279-64-2620

●女性用お風呂:

女性大浴場「扇の湯」
女性露天風呂「おぼろ月の湯」

●貴重品:

脱衣所にコインロッカーがあります。

100円で使用後100円は戻りません。

●食事:

食べ物&飲み物の持ち込みは可能です。

但し、ゴミは当然お持ち帰りです。

食堂はありませんが、近隣の蕎麦屋やおすし屋さんから出前が頼めます。

●お得情報:

四万温泉で発行している「よってんべえパスポート」を買うと、「清流の湯」の200円割引クーポンが2枚付いてます。

お2人で訪れる場合は、このパスポートを事前に購入することをオススメします。

四万温泉の大抵のお土産やさん、旅館、四万温泉協会、清流の湯などで、1冊100円で販売しています。

shima_pas.jpg


↑四万温泉「よってんべえパスポート」

kupon001.jpg


↑割引クーポン

読めて聴ける英語 英語学習日記 読めて聴ける英語雑記帳 
夢二の愛した伊香保・榛名 伊香保レポート


コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

龍 (dragon)

  • Author:龍 (dragon)
  • こんにちは、龍です。ご訪問ありがとうございます。主にハイキングと温泉を組み合わせた山旅、風景写真、登山装備などを紹介しているブログです。(山旅以外の記事もあります、下のカテゴリー欄をチェックしてみてください)

    ◇趣味: 旅行、料理、登山、テニス、読書、絵画鑑賞、他多数
    ◇好きなもの: 中日ドラゴンズ、猫、読書、温泉、クラシック音楽、ブナの森、スポーツ全般

    ◇ランキングに参加してみました、よろしかったら、クリックしていただけるとものすごく嬉しいです。
     
     ↓  ↓

    にほんブログ村 旅行ブログ 山・高原へ
    にほんブログ村



最近の記事

お買い物

今コレにはまってます♪

デスパレートな妻たちDVD

私のお気に入り♪

ダーマ&グレッグが好きです。

ブログ内検索

アクセスカウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。