Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

ドキュメント道迷い遭難

ドキュメント 道迷い遭難 ドキュメント 道迷い遭難
羽根田 治 (2006/01)
山と溪谷社
この商品の詳細を見る


ドキュメント道迷い遭難を読んだ。

7つの山での実際に起きた遭難が紹介されている。

7つの山のうち、5つの山は実際に自分も登ったことがあったので、

興味深く読んだ。

一気に読んでしまった。

遭難の原因はほとんどが、迷ったことに気がついてから引き返せばよいところを、強引に下に降りてしまったことだ。

考えさせられたのは、2003年の千葉の低山での遭難だ。

マスコミが大々的に取り上げたので知らない人はいないと思うが、あれは遭難ではない。

このグループは、山のベテランで、ビバークした時の、焚き火の跡なども残すことなく綺麗に片付けたのに、テレビ局が故意に焚き火の跡を作って、あたかも遭難者がここで一夜を明かしたように報道したのだそうだ。

明らかにテレビ局のやらせだ。

過剰の報道が目立った。

岩崎元郎氏はこの千葉の遭難(?)のことを「マスコミ遭難」と言っていた。

このグループは自力で下山できた。

山では何が起るかわからない、予定通りに行かないことも多々ある。

一日くらい下山が遅れてもおかしくない。

予定通りに帰らないからといって、すべて遭難とはならないと私は思う。

実際私も常日頃家族には一日くらい帰ってこなくても遭難救助要請はしないでくれといってある。


【こんな本もあります】

道迷い遭難を防ぐ最新読図術―道迷いの心理とナヴィゲーション技術 道迷い遭難を防ぐ最新読図術―道迷いの心理とナヴィゲーション技術
村越 真 (2001/01)
山と渓谷社
この商品の詳細を見る


コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

龍 (dragon)

  • Author:龍 (dragon)
  • こんにちは、龍です。ご訪問ありがとうございます。主にハイキングと温泉を組み合わせた山旅、風景写真、登山装備などを紹介しているブログです。(山旅以外の記事もあります、下のカテゴリー欄をチェックしてみてください)

    ◇趣味: 旅行、料理、登山、テニス、読書、絵画鑑賞、他多数
    ◇好きなもの: 中日ドラゴンズ、猫、読書、温泉、クラシック音楽、ブナの森、スポーツ全般

    ◇ランキングに参加してみました、よろしかったら、クリックしていただけるとものすごく嬉しいです。
     
     ↓  ↓

    にほんブログ村 旅行ブログ 山・高原へ
    にほんブログ村



最近の記事

お買い物

今コレにはまってます♪

デスパレートな妻たちDVD

私のお気に入り♪

ダーマ&グレッグが好きです。

ブログ内検索

アクセスカウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。