Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

猫の膀胱炎対策!

昨日の朝、頻繁に排尿を試みる姿が見られた新之助。

それも、かなり長時間頑張っても尿が出ない様子だった。

ただ、それ以外は特に変わった様子もなく、元気だった。

あまりにも元気なので、しばらく様子をみようかと思った程だった。

ただし、尿が出ないというのは気になるのでネットで調べてみた。

いろいろ調べてみたら、尿が詰まると危険ということがわかった。

とりあえず、そこまで深刻だとは思わなかったが、獣医さんに診てもらった方が安心なので連れて行った。

結果的には尿が詰まっていたわけではなくて、膀胱炎で、残尿感があり、頻繁に排尿行為を繰り返していたようだ。

とにかく、大事に至らなくてよかった。

今後の為に、これまでのことを反省して対策を考えた。

【何故、膀胱炎になったのか?】

①トレイを置いておかなかった。

子猫をすべて里親に出してから、猫用のトイレは片付けてしまって、一切家の中にトイレを置いてなかった。

我が家は、階段の裏から自由に床下に入り、通気口から外に出られるようになっている。

その為、トイレも床下や外で済ませていた。(と思う?)

確かに、トイレがあった時は、頻繁にトイレに行っていたミコと新之助だが、片付けてしまってからトイレへ行く頻度がめちゃくちゃ減っていた。

気にはなっていたが、それ程深刻だとは思わなかった。

(反省)

②煮干を頻繁に与えていた。

キャットフードは、マグネシウムの少ないのを与えていたが、煮干はかなり頻繁に与えてた。

煮干はマグネシウムの含有量が多い食品らしい。

③水を1箇所しか置いてなかった。

新鮮な水を与えるのは大切と言うのは知っていたので、毎日交換して与えていたが、水の置き場が1箇所では少なかったようだ。


【今後の対策】

①動物病院でしか買えない、特別療法食を与える。

ただし、こちらはネットにも書いてあったけど、まずいので猫の食いが悪いらしい。

新之助も、昨日病院から連れ帰った時は、かなり空腹だった為か本気で食べたが、今朝は特別療法食を食べない。

これまでの餌に少しだけ混ぜて与えているのだが、駄目だ。

今後、対策を考えねばと思っている。

②トイレを置く。

早速、昨日のうちに、しまってあったトイレを出してきて置いた。

早速、2匹とも頻繁にトイレを利用している。

猫は、トイレが汚かったり、場所が遠かったりすると、トイレを我慢する習性があるという。

その為、膀胱炎になりやすくなる。

予防の為にも、トイレは飼っている猫の数プラス1くらい用意するのがよいらしい。

我が家は2匹飼っているので、最低でもトイレは3つ置いておかないといけないらしい。

近々、あと2つ買って来ようと思う。

③煮干はもはや与えない。

これまで、キャットフードの食いが悪い時は煮干を与えていた。

それも結構量も多く与えていた。

今後は、一切与えないようにする。


④水のお皿を増やす。

これまで1箇所しか置いてなかった水を増やすことにした。

現在家の中に4箇所水を置いてみた。

すでに効果が出ている。

水を飲む回数が増えた。


しばらく、こんなかんじで行こう思う。


【今日の新之助】

お気に入りの場所で昼寝する新之助

nao-DSCF5370.jpg


nao-DSCF5373.jpg


猫の膀胱炎

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

龍 (dragon)

  • Author:龍 (dragon)
  • こんにちは、龍です。ご訪問ありがとうございます。主にハイキングと温泉を組み合わせた山旅、風景写真、登山装備などを紹介しているブログです。(山旅以外の記事もあります、下のカテゴリー欄をチェックしてみてください)

    ◇趣味: 旅行、料理、登山、テニス、読書、絵画鑑賞、他多数
    ◇好きなもの: 中日ドラゴンズ、猫、読書、温泉、クラシック音楽、ブナの森、スポーツ全般

    ◇ランキングに参加してみました、よろしかったら、クリックしていただけるとものすごく嬉しいです。
     
     ↓  ↓

    にほんブログ村 旅行ブログ 山・高原へ
    にほんブログ村



最近の記事

お買い物

今コレにはまってます♪

デスパレートな妻たちDVD

私のお気に入り♪

ダーマ&グレッグが好きです。

ブログ内検索

アクセスカウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。