Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C28] 参考になりました

私は登山は小学校の時の遠足と家族で一回高尾山に出かけた時の合計2回しかしたことがありません。
そういえば、その時登山者がすれ違った時に挨拶していたのをおぼろけながら思い出しました。
確かに登山シーズンなどは登山者が多いでしょうから、何回も挨拶をしなくてはいけないのは大変ですね。登山しに来たのか、挨拶をしに来たのかわからなくなってしまいます。

挨拶は大事ですが、何事も適度にするのがいいですね。


私のブログに来ていただいてありがとうございました。
現時点で私のブログに書いていただいた龍さんのコメントがアップされません。しばらくしたらアップされるといいのですが・・・これからもよろしくお願いします。

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://naokiryuji.blog3.fc2.com/tb.php/148-4daf614c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

山での挨拶!

ダンプ&通子の夫婦でゆったり登山術という本を読みました。

山のベテラン夫婦の書いた本なので、結構興味深く読みました。


中でも一番共感したのは、高橋さんが書いているマナーのところです。


「山の美習、挨拶もほどほどに」


とにかく山ではなにがなんでも挨拶するものと思っている人が多いのです。

私もこの習慣は以前から疑問に思っていました。


なんで、里では誰も挨拶しないのに、山に来たとたんに誰もが、見ず知らずの人と挨拶を交わすのだろう??と。


確かに、挨拶というのは人間関係のすべての基本で、これ以上大切なものもないと思います。


適度の挨拶は気持ちのいいものです。



でも、山では時と場合によります。



本来すがすがしいはずの挨拶が、使い方を間違えるとうっとうしくすら感じてしまいます。


高橋さんも書いているけど、苦しく登っているところを、涼しい顔して下ってきた集団全員に挨拶されたら、これはもう悲劇です。


あと、やめてもらいたいのが、尾瀬などの人が多いところでの挨拶です。


木道で全員に挨拶されたら、一日何百人にも挨拶しなくてはなりません。

もはや、ハイキング楽しむどころではなくなってしまいます。


その為、私はかなり前から山では挨拶しないと決めています。


向こうから挨拶されれば、それは快く返しますが、自分からは絶対に挨拶しません。


これは頑なに守っている私のルールです。


さらに共感したのは、「やまの感動を半減させるおせっかい」です。


山に登っていると、必ず、「あと何分で頂上ですよ」とか、「頂上から~が見えますよ」とか、こっちが聞いていもいないのに、教えてくれる人がいます。


これも困ったものだと、高橋さんは書いています。


私も全く同じ意見です。


これはおせっかい以外の何ものでもないと思います。


これまで頭の中で描いていた時間や距離、難易度が変わったとたんに体が動かなくなることがあるというのです。

その為、初心者ならばててしまうこともあるというのです。

さらに、頂上から何かが見えると教えられると、感動が半減してしまうのでこれもおせっかいだというのです。

登山者には、「教えられたくない自由」もあるというのです。


全く同感です。


そういった行為を親切心から行っているのがさらに問題だとも書いています。

これ程意見があうと気持ちいいです。

要するに、山では時と場合により、挨拶する時と、しない時を適切に使い分ける必要があり、人に聞かれた場合を除いて余分なことは言わないということだと思います。


下界でもそうですが、やはり山でもマナーが大切だと言うことだと思います。

コメント

[C28] 参考になりました

私は登山は小学校の時の遠足と家族で一回高尾山に出かけた時の合計2回しかしたことがありません。
そういえば、その時登山者がすれ違った時に挨拶していたのをおぼろけながら思い出しました。
確かに登山シーズンなどは登山者が多いでしょうから、何回も挨拶をしなくてはいけないのは大変ですね。登山しに来たのか、挨拶をしに来たのかわからなくなってしまいます。

挨拶は大事ですが、何事も適度にするのがいいですね。


私のブログに来ていただいてありがとうございました。
現時点で私のブログに書いていただいた龍さんのコメントがアップされません。しばらくしたらアップされるといいのですが・・・これからもよろしくお願いします。

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://naokiryuji.blog3.fc2.com/tb.php/148-4daf614c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

龍 (dragon)

  • Author:龍 (dragon)
  • こんにちは、龍です。ご訪問ありがとうございます。主にハイキングと温泉を組み合わせた山旅、風景写真、登山装備などを紹介しているブログです。(山旅以外の記事もあります、下のカテゴリー欄をチェックしてみてください)

    ◇趣味: 旅行、料理、登山、テニス、読書、絵画鑑賞、他多数
    ◇好きなもの: 中日ドラゴンズ、猫、読書、温泉、クラシック音楽、ブナの森、スポーツ全般

    ◇ランキングに参加してみました、よろしかったら、クリックしていただけるとものすごく嬉しいです。
     
     ↓  ↓

    にほんブログ村 旅行ブログ 山・高原へ
    にほんブログ村



最近の記事

お買い物

今コレにはまってます♪

デスパレートな妻たちDVD

私のお気に入り♪

ダーマ&グレッグが好きです。

ブログ内検索

アクセスカウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。