Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々の山旅

いろいろ、ごたごたして、山旅ゆけませんでした。

久々の山旅です。

今日は、暖かい日でした。

空も綺麗で、満足の山旅が楽しめました。

400-IMGP7502.jpg

400-IMGP7465.jpg

400-IMGP7494.jpg

◇ランキングに参加してみました、よろしかったら、クリックしていただけるとものすごく嬉しいです。
 
 ↓  ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 山・高原へ
にほんブログ村

読めて聴ける英語 
伊香保温泉観光ナビ 
伊香保レポート 
Beech Forests 







スポンサーサイト

山と渓谷2009年11月号は、単独行特集『山はひとりで。』です。

山と渓谷 2009年 11月号が出ました。

今月の特集は『山はひとりで。』です。

単独行の特集です。

単独行のメリット、デメリットから、快適グッズの紹介まで、カラー写真入りで、39ページの大特集です。

読み応え有ります。


特別企画は、『地図が読めない人のための道迷い防止術』です。

こちらは全12ページです。

こちらも、写真入りで見やすいです。


その他の、注目記事は、隔月連載の『華恵、山に行く』の最終回で、『華恵、磐梯山に行く。』です。

このコーナーも、とうとう終わってしまうのですね。

残念です。

最終回ということで、今回、全ページカラーで、8ページもあります。

今回で終わってしまうのは、寂しい気がしますが、山渓によると、単行本化の予定があるそうなので、楽しみです。

山と渓谷2009年11月号
 

 ↓  ↓

山と渓谷 2009年 11月号の詳細を見る


◇ランキングに参加してみました、よろしかったら、クリックしていただけるとものすごく嬉しいです。
 
 ↓  ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 山・高原へ
にほんブログ村

読めて聴ける英語 
伊香保温泉観光ナビ 
伊香保レポート 
Beech Forests 












フィールドライフは良い♪

最近、フリーマガジンが増えてきましたが、私の一番のお気に入りは

フィールドライフです。

年4回(3月、6月、9月、12月)の発行のアウトドアフリーマガジンです。

アウトドアショップなどに置いてあります。

↓  ↓

こちらが最新号です。

フィールドライフ NO.25 2009 秋号

フィールドライフ NO.25 2009 秋号

フィールドライフホームページ

アウトドアショップなどで手に入らない場合は、送料実費(1000円)で送ってもらうことも可能です。

詳しくは、上記のフィールドライフのホームページを見て下さい。


◇ランキングに参加してみました、よろしかったら、クリックしていただけるとものすごく嬉しいです。
 
 ↓  ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 山・高原へ
にほんブログ村

読めて聴ける英語 
伊香保温泉観光ナビ 
伊香保レポート 
Beech Forests 





本上まなみさんの本

本上まなみさんのエッセイです。

お気に入りの本です。

ちょっと前に、はじめての麦わら帽子が出ました。


本上まなみ

久々の新刊です。

今回は、出産や、お子さんの話が多いですが、相変わらず、楽しめました。

本の話もあります。

おかんやおとんのことを書いたエッセイもいいです。


◇本上まなみさんの単行本全ラインアップ◇

①1999年06月26日 ほんじょの虫干。
②2001年09月20日 ほんじょの天日干。
③2002年05月23日 ほんじょの鉛筆日和。
④2005年11月16日 ほんじょの眼鏡日和。
⑤2009年08月30日 はじめての麦わら帽子


本上まなみさんの本全ラインアップ




◇ランキングに参加してみました、よろしかったら、クリックしていただけるとものすごく嬉しいです。
 
 ↓  ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 山・高原へ
にほんブログ村

読めて聴ける英語 
伊香保温泉観光ナビ 
伊香保レポート 
Beech Forests 



山にはいるということ

最近、登山ブームだそうです。

特に、若い女性の間でも人気が出ているのだそうです。


登山は、私も長年、趣味として楽しんできたので、その魅力はよく分かります。

ただ、最近、強く思うのは、『山に入るということは、どういうことか良く考えてから入る必要がある』ということです。


山は、本来、人間が安易に入ってよい場所ではありません。

熊をはじめとする野生動物の住処だからです。


そこへ、入る場合は、ある程度の心構えと、『入らせて頂くという謙虚な気持ち』が必要です。


最近、山に入って熊に襲われたという事故が多いです。

それは、安易に山に入る人が増えた証拠でもあります。


現在の日本では、人間が山でクマに襲われた場合、その山に、はちみつ入りの檻をしかけて、クマを捕獲して殺すという対策が主に取られています。


人里に下りてきた熊を捕獲(補殺ではない)するのは仕方ないにしても、本来、クマの生息地である奥山に、罠をしかけて、補殺するというのは、どうしても理解できません。


人身事故があったら罠を仕掛けて補殺では、クマは絶滅してしまいます。


山に入る場合は、『山に入るということがどういうことか』もう一度よく考えてから入るべきだと強く思います。


乗鞍での事故は、悲惨でした。


殺された熊のことを思うと、心が痛みます。

今でも、やり切れない気持ちでいっぱいです。


殺された熊は3歳だか、4歳だったそうです。


熊は、最初の2年間、母熊と行動をともにします。

そこで、餌の取り方や、冬眠の仕方を学びます。


そして、小熊が2歳になった時、小熊が無邪気に木のぼりをして、大好きな木イチゴを食べてる間に、すっと母熊は、姿を消します。

そして、二度と小熊のもとには戻ってきません。

親離れの瞬間です。

木登りから降りてきて、母親のいないのに気がついた小熊が、何度泣き叫んでも、母熊は戻ってきません。


前の日までは、小熊が木のぼりしている間中、ずっと心配そうに見張っていてくれた母熊が、翌日には、いなくなってしまうのです。

それが、自然界です。


そんな、母熊との別れを経験して、やっと独り立ちして、1年か2年で、人間に殺されてしまった乗鞍の熊。

可哀そうで、仕方ありません。


相変わらず報道は、クマの恐ろしさしか強調してませんでしたが、あの事件も、原因は100%人間側にあります。


もし、最初に熊に出くわした人が、正しい対処法さえ知っていたら、あの熊は、山に逃げたことでしょう。


報道されませんでしたが、人間が、最初にクマを棒で叩いたのだそうです。

さらに、周りの人も集団で石を投げつけたのだそうです。


熊は、とっさに『殺される』と思ったに違いありません。

臆病のクマは、これまで経験したことない、恐ろしさにパニックになってしまったのです。

パニックになれば、もう自分をコントロールすることはできません。


結果は、人間による銃殺です。


高山市もさすがに、これだけの人間が襲われれば殺しても、だれからも批判されないと安易に思ったのでしょう。



例え、そこが、一般観光施設であり、ハイヒールで行けるようなところであっても、山岳地帯に入る場合は、登山の時と同じ心構えと準備が必要です。


事前に、対処法などを勉強してから入るべきです。

その程度のこともできない人は、例え観光施設の乗鞍でも行くべきではありません。

(そもそも、標高2700mに観光施設があるのも問題だと思ますが・・・)


ツキノワグマは、本来ものすごく大人しい動物です。

人間が対処法さえ間違えなければ、襲われることはありません。


登山経験の長い人は十分承知していると思いますが、これから登山を始めようと思っている人は、安易に山に行くのは危険です。

正しい対処法を十分に勉強してから行って下さい。


不幸な事故をなくすためにも、我々人間側が、責任を持って行動しなくてはいけないと思います。

人間の安易の行動が原因で、毎年、多くの熊が殺されています。


近年、奥山の餌不足で、クマが里に下りてきて、人間の畑を荒らします。

荒らされた側にしてみれば、腹立たしいことでしょう。


これも、もとはと言えば、クマの生息地である、奥山を人間が最初に荒らしたのが原因です。

さらに、畑のトウモロコシを熊に食われたと怒りをあらわにしていた農家の人も、春には、クマの大好物のネマガリダケをはじめとする山菜を取りに山に行きます。


最近は、都会からも多くの人が春先に山に入り、クマの餌を取りつくします。


私は、何故、春に熊が里に下りてくるのか不思議でなりませんでした。

秋に下りてくるのは、どんぐりの不作が主な原因だと言うことは分かっていたのですが、何故、どんぐりと関係ない、春先に熊が里に下りてくるのかずっと疑問に思ってました。

その原因が、人間の山菜とりにあったということがわかりました。


野生動物は、木が枯れる程、新芽を食べたりしません。

それが、人間が山菜を取る場合、根こそぎ取ってしまいます。


最近、特に、コシアブラの木が枯れているのをよく目にします。


木に登って枝を切り落として取っている人もいました。


こしあぶらは直接熊とは関係ないと思いますが、木が枯れる程取ることがいいわけありません。


以前にも書きましたが、私は、山菜は一切取りません。

木の実も、山ブドウも、野イチゴも取りません。

とるのは、写真だけです。

どうしても、ほしければ、お金を出して買えばいいのです。



人間だけでは、生きては行けません。

奥山があり、草木があり、水や空気を作りだしてくれているのです。


クマや猛禽類がいるということは、その山では生態系が保たれている証拠です。

つまり、豊かな森だということです。

豊かな森 = 人間に豊かな水、空気を作りだしてくれている


もう少し、他の生き物のことも考えないと、本当に人間は滅んでしまうと思います。


不景気で生活が苦しいと言っても、メタボの腹を見れば、あまりにも説得力がありません。


本当に苦しいというのは、その日に食べるものもないようなことを言います。


今年、補殺された熊の胃袋には、山椒の実が何粒かしか入ってなかったという記事を読みました。


多くの野生動物は、その日に食べるものがなくて、本当に苦しんでいます。


自分の家の柿の実を何個か取られた位で、腹を立てないで下さい。


人間だけが、どんどん豊かになって、メタボになって、野生動物だけが苦しんでいる、今の日本に憂いを感じます。


最後に、インド独立の父、ナハトマ・ガンジーの言葉で締めさせて頂きたと思います。


『国の偉大さ、道徳的発展は、その国における動物の扱い方で判る。 』


◇ランキングに参加してみました、よろしかったら、クリックしていただけるとものすごく嬉しいです。
 
 ↓  ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 山・高原へ
にほんブログ村

読めて聴ける英語 
伊香保温泉観光ナビ 
伊香保レポート 
Beech Forests 


アウトドア活動用 自然観察グッズ

久々の山旅グッズの紹介です。

今日は、自然観察グッズを紹介します。

最近は、私の山旅スタイルが大分変ってきました。

登山をほとんどしなくなったのです。

ハイキング中心です。

登山とハイキング、どこが違うのかと言うと、山の頂に立たなくなったのです。

以前から、あまり山頂というものにこだわりはなかったのですが、ここ何年かは、さらに

その傾向が強くなりました。

昨年も数えてみたら、山旅回数は、多かったけど、頂上に立ったのは、たった3回だけでした。

今年も、まだ一回しか山頂には立ってません。

ほとんどが、ブナの森を中心とした、平坦な散策路のハイキングです。

当然、その先には、なんらかの名のある山の頂があるのですが、あえて、そこには登らず、低いところだけ楽しんで帰ってきます。

そんな、最近の私の山旅での楽しみが、自然観察です。

かつては、花の名前など、ほとんど興味なかったのですが、最近は、色々な花を観察するのが楽しみです。

そんな時にお役立ちとなるのが、今日紹介する3点セットです。


①図鑑(ハンドブック)
②ルーペ
③双眼鏡

自然観察グッズ

図鑑は、自宅用の大判サイズと、フィールドに持ち出すコンパクトサイズと2種類持ってます。

特に、この図鑑は前回紹介しましたが、文庫本サイズなのでコンパクトで気に行ってます。

この他には山渓のコンパクト図鑑を愛用しています。

ルーペ

こちらは、100円ショップで買ったルーペです。
数多くのルーペの中からこれを選んだのは、小型で軽かった所です。

後ろに細引きを結べるようになっている点も気に入りました。

1枚だと4倍で、2枚重ねると8倍になりますが、フィールドで使う場合、一枚の4倍以外必要ないです。

後の二枚は無用の長物ですが、重くもないので、つけたまま使ってます。

ルーペ

細引きが結べるので、何かと便利です。

双眼鏡

双眼鏡は、もうかなり前に、登山用に買ったのですが、用途は、野球観戦とか、ゴルフ観戦など、スポーツ観戦がメインでした。

最近になって、頻繁に山旅に持ち出すようになりました。

スズメバチの巣を観察したり、鳥を観察したりします。

サイズはコンパクトなのですが、ちょっと重たいのが欠点です。

もう少し軽いモデルがあったら買い換えたいと思ってます。


◇ランキングに参加してみました、よろしかったら、クリックしていただけるとものすごく嬉しいです。
 
 ↓  ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 山・高原へ
にほんブログ村

読めて聴ける英語 
伊香保温泉観光ナビ 
伊香保レポート 
Beech Forests 






Appendix

プロフィール

龍 (dragon)

  • Author:龍 (dragon)
  • こんにちは、龍です。ご訪問ありがとうございます。主にハイキングと温泉を組み合わせた山旅、風景写真、登山装備などを紹介しているブログです。(山旅以外の記事もあります、下のカテゴリー欄をチェックしてみてください)

    ◇趣味: 旅行、料理、登山、テニス、読書、絵画鑑賞、他多数
    ◇好きなもの: 中日ドラゴンズ、猫、読書、温泉、クラシック音楽、ブナの森、スポーツ全般

    ◇ランキングに参加してみました、よろしかったら、クリックしていただけるとものすごく嬉しいです。
     
     ↓  ↓

    にほんブログ村 旅行ブログ 山・高原へ
    にほんブログ村



最近の記事

お買い物

今コレにはまってます♪

デスパレートな妻たちDVD

私のお気に入り♪

ダーマ&グレッグが好きです。

ブログ内検索

アクセスカウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。