Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダ・ヴィンチのシステム手帳"ラウンドファスナーDavinci DP483"を購入しました

これまでも"Davinci"のジャストリフィルサイズのミニ6穴システム手帳を使ってました。

ワイシャツのポケットにも入るスリムサイズが売りの手帳ですが、1年分のリフィルが入らないという致命的な欠点がありました。

たぶん、専用の薄いリフィルがあるのかもしれませんが、最低でも、月間、週間リフィルは1年分入らないと不便です。

さらに、住所録や、その他のリフィルが全く入らず、別に、一冊データ用のリフィルを持ち歩いていました。

そこで、今回、選んだのはもう少し厚いサイズです。

さらに、ラウンドファスナータイプで、多少、収納力のあるタイプです。

  ↓  ↓

【名入れ無料! ラウンドファスナーの安心】システム手帳「ダ・ヴィンチ」ポケットサイズリング...




14mmリングタイプなので、一年分のリフィルはもちろん、これまでデータ用で持ち歩いてたリフィルも入ります。

大きさは、これまでから比べれば、大きくなっちゃいますが、持ち運びに不便なほどでもないので、満足です。

150-davinci-001.jpg150-davinci-003.jpg

300-davinci-002.jpg

読めて聴ける英語 伊香保温泉観光ナビ 伊香保レポート 

スポンサーサイト

新緑のブナの森散策

またまた、新緑のブナの森を歩いてきました。

新緑のブナの森

いつ歩いても、ブナの森は癒されます。

新緑のブナの森

でも、新緑の頃は格別です。

新緑のブナの森

黄緑色が目に眩しいです。

新緑のブナの森

それでいて、目にやさしいです。

コシアブラ

こちらは、コシアブアラです。

この森では、珍しくコシアブラが乱獲されることなく、残ってました。

コシアブラどころか、山ウドとか、たけのことか、あらゆる山菜が普通に生えてました。

人に採られてないのです。

私は、山菜は、かつて、自分で食べる分だけ、わずかに採ったこともありましたが、最近は、全く採りません。

とるのは、写真だけです。

山菜は、人間が食べてもおいしいけど、同時に、野生動物の貴重な食料でもあるからです。

実際、この森では、野生の猿が木の芽を食べている姿を見かけました。

最近、特に、コシアブラなどは、人間が根こそぎ採って枯れてしまった木をよく見かけます。

中には、木に登って枝ごと切り落として採って行く人もいます。

『猿と人間どちらが賢いか?なんて、愚問だ!』、とおっしゃる方もいるかもしれませんが、猿は、人間みたいに、木が枯れるまでは、絶対に採りません。

それは、目先の欲望を満たすと、最終的に、自分たちの首を絞めることになると本能的に知っているのだと思います。

コシアブラなんて、ほしければ、山で採らなくても、旅先の農産物直売所とかに寄れば、1パック250円くらいで売ってます。

食べるものが有り余っている今、もう少し、人間以外の野生動物たちのことを少しでも、考える必要があると強く思います。

メタボの野生動物とか見たことないですからね。

それどころか、人間が奥山を荒らしたが為に、多くの野生動物は餌不足に陥ってます。

空腹を満たすために、しかたなく、命がけで里に下りて来たやせ細った野生動物たちは、メタボの人間に撃ち殺される、これが、今の日本の姿です。


新緑のブナの森

うまく撮れなかったけど、ラショウモンカズラが咲いてました。

新緑のブナの森

こちらは、イワカガミです。


読めて聴ける英語 伊香保温泉観光ナビ 伊香保レポート 

燃えよドラゴンズ



  ↓  ↓

中日ドラゴンズ関連グッズ


読めて聴ける英語 伊香保温泉観光ナビ 伊香保レポート 



交流戦観戦記

毎年恒例の西武ドームでの交流戦観戦してきました。

西武ドーム


西武ドームが新しくなってから初めて行きました。

スコアボードが新しくなり、内野にメジャーリーグ張りのネットのない観客席(フィールドシート)が出来てました。

フィールドシートは、人気と見えて、満席のようでした。


試合は、残念ながら、ドラゴンズが延長戦の末負けてしまいました。


↓  ↓

中日ドラゴンズ関連グッズ



読めて聴ける英語 伊香保温泉観光ナビ 伊香保レポート 


善光寺 御開帳に行ってきました。

先日、善光寺の御開帳に行ってきました。

混んでいると聞いていたので、かなり早めに家を出たので、善光寺には6時前に着きました。

さすがに時間が早かったので高速はもちろん、長野市内も道路は空いてました。

東山魁夷館も行きたかったので、あえて善光寺に一番近い第一駐車場ではなくて、東山魁夷館にも近い第三駐車場に車を停めました。

第一駐車場はすでに、そこそこ停まってましたが、第三駐車場はまだほんの数台しか停まってませんでした。

善光寺の境内は、6時前だというのに、結構人が多かったです。

回向柱は待たずに触れましたが、中のお戒壇めぐりには、そこそこ人が待ってました。

折角来たので、参拝券(500円)を買って中に入り、前立本尊を間近に見て、お戒壇めぐりをしました。

その後、参道を歩いてから帰りました。

参拝券を買うと、本堂の中だけではなくて、境内にある、善光寺資料館(忠霊殿)とか、経蔵も見学できます。

ゆっくり、おみやげ屋とか見て回ったけど、駐車場に戻ったのが、7時半前でした。

7時半でも、第三駐車場はガラガラでした。

東山魁夷館のオープンの9時半までは、まだ2時間もあるので、今回は、美術館はあきらめ、戸隠方面へ足を延ばし新緑ドライブを満喫しました。



善光寺御開帳


読めて聴ける英語 伊香保温泉観光ナビ 伊香保レポート 

新緑の森を歩く

またまた新緑の森を歩いてきました。

今日は、天気予報が一日雨予報だったのですが、思いっきり外れて、雨具なしで、歩けました。

300-shinryoku-001.jpg


今日、強く思ったのは、ここまで外れると、もはや天気予報を見る必要があるのか?ということです。

1週間予報が全く当てにならないのは、かなり前から分かっていたので、かえって1週間予報で、お出かけ予定日が雨だと、嬉しかったくらいでした。

それが、当日の朝の予報が外れるようでは、もはや、何を信じていいのかわかりません。

今後、一切、天気予報を見ないという手もありそうです。

今回は、良い方に外れたので、良かったのですが、反対のことも多々あるので、ちょっと複雑な心境です。

まあ、それでけ、予報が難しいということなのでしょけど・・・・・・。


読めて聴ける英語 伊香保温泉観光ナビ 伊香保レポート 



ハシリドコロ

先日、山を歩いてたら、ハシリドコロが咲いてました。

ハシリドコロ




読めて聴ける英語 伊香保温泉観光ナビ 伊香保レポート 

癒しのブナの森

先日、新緑のブナの森を歩いてきました。

buna-200905-003.jpg

ブナの森は癒されます♪

buna-200905-005.jpg

ムラサキヤシオがいい感じになってきてます。

buna-200905-001.jpg

神秘の泉です。

buna-200905-002.jpg

樹齢300年を超すブナも多く存在します。

buna-200905-004.jpg

水面に反射するブナの木々も美しいです。





読めて聴ける英語 伊香保温泉観光ナビ 伊香保レポート 


ルーブル美術館展に行ってきました。

前売り券が買ってあったけど、なかなか行けなかった国立西洋美術館の『ルーヴル美術館展 17世紀ヨーロッパ絵画』に先日行ってきました。

発売と同時くらいに、前売り券、買ったのですが、気がついてみると、5月も終盤近く、会期が6月14日までなので、そろそろ行っといたほうがよいと思い、行ってきました。(会期末は混むので・・・・)

ネットで混雑状況を調べたら、平日の10時から10時半が待ち時間ゼロで入れることが分かりました。

ちょっと迷ったのですが、会館と同時に入れば、ゆったりと見られるので、あえて9時半の会館前に行って並ぶことにしました。

9時10分頃、国立西洋美術館に着いたのですが、門の前にはすでに長蛇の列が出来てました。

角を折り返して列が出来てました。

途中で係りの人が来て、チケットを持っている人と、持ってない人で分かれて並ぶようになりました。

その後、5分前位には、門が開いたようで、入り口まで進み、3分前位には、館内に入れました。

9時半頃、展覧会場内へ入れました。

今回の『ルーヴル美術館展 17世紀ヨーロッパ絵画』はテーマ毎にⅠ~Ⅲのセクションに分かれています。

セクションⅠは3部屋に、セクションⅡは4部屋に、そしてセクションⅢは2部屋に仕切られてあります。


それぞれのセクションのテーマは以下の通りです。


セクションⅠ 『黄金の世紀』とその陰の領域
セクションⅡ 旅行と『科学革命』
セクションⅢ 『聖人の世紀』、古代の継承者?


セクションⅠからセクションⅡへは階段を下って行きます。

そして、セクションⅡからセクションⅢへは階段を上がってゆきます。


待ち時間ゼロの10時を避けて、あえて並んでまで会館と同時に入るメリットは、館内が空いている点です。

オープンすると、最初の幾つかの絵の周りに人だかりが出来てしまうのですが、そのちょっと先からは、ガラガラ状態なのです。

そこで、入り口付近の人ごみを避けて先に行くと、ゆったりと観られます。

ほとんど独り占め状態で鑑賞出来ます。

これが会館と同時に入るメリットです。

私はフェルメールの『レースを編む女』が一番見たかったので、まずはそこへ行きました。

フェルメールの作品はセクションⅠの2つ目の部屋の入り口付近にあります。

ガラガラ状態でゆっくりフェルメールを鑑賞出来ました。


作品数が71点と少なかったこともあり、ゆっくり見ましたが30分くらいで見終りました。


満足の美術鑑賞でした。

10時頃、出口を出たのですが、ネットの情報通り、門のところに列はまったく無く、待ち時間ゼロで入れる状態でした。

並ぶの嫌な人は、平日の10時が狙い目です。

又、平日の夕方、閉館前位の時間帯も比較的空いているようです。

又、9時半のオープンの列に並ぶ場合も、予めチケットは買っておいた方がよいでしょう。

チケットは、コンビニの端末とか、JTB、駅の緑の窓口とかで簡単に買えます。

又、JR上野駅の公園口改札付近にある、チケット売り場も9時オープンなので、そこでも買えます。

この時期は、常設展が閉鎖されていて見られないので、代わりに、再オープンの6月4日以降に入館できる無料チケットがもらえます。

図録は2500円でした。

絵葉書は1枚100円と10枚セットの800円がありました。

音声ガイド 500円 (ナレーター中尾彬さん)です。



読めて聴ける英語



新緑の千ヶ滝ハイキング

先日、軽井沢の千ヶ滝せせらぎの道を歩いてきました。

セゾン現代美術館入口から車で3分くらいで林間駐車場に到着です。

ちなみに、セゾン美術館から林間駐車場までは歩いた場合は15分くらいかかるそうです。

セゾン美術館から、林間駐車場までの道は全行程、舗装された道です。

林間駐車場は、結構広い駐車場です。

大型バス用のスペースもあり、普通車だけなら、何十台と駐車できると思います。

林間駐車場

↑林間駐車場(無料)

林間駐車場

手前に大型バス用のラインが引いてあります。(5台分)

奥は、普通車用です。

駐車場のすぐ近くに公衆トイレがあります。(無料)

千ヶ滝 公衆トイレ

男女別トイレに車椅子で入れるトイレも設置されています。

ちなみに、男性用は、小トイレが2つに、大トイレ(和式)が1つでした。

水道は2か所で、鏡付きでした。

歩き始めるとすぐ『せせらぎ遊歩道案内図』があります。

せせらぎ遊歩道案内図

遊歩道のルート図と千ヶ滝の説明板の2つの案内板があります。

千ヶ滝 案内図

野生動物に注意の看板もあります。

sengataki-006.jpg

軽井沢町は至る所にこの看板が設置されています。

もともとツキノワグマの生息地に別荘を作ってしまった所が多い軽井沢では、ツキノワグマが出没してもおかしくありません。

千ヶ滝周辺にも生息していると思われます。

ただし、生息数自体が全国的に激減している現在、余程運が良くなければ、ツキノワグマに出くわすことはないでしょう。

私も、山で熊注意の看板を見るたびに、出会いたいと思って歩いてますが、いまだかつて、たった一度しか山で熊を見たことありません。

案内図を過ぎるとすぐ橋(せせらぎ橋)を渡ります。

せせらぎ橋

↑せせらぎ橋

橋を渡り、右手にイベント広場を見て、さらに進みます。

川沿いの遊歩道と車道の分岐に出ます。

現在は、遊歩道が途中で崩壊している為、迂回路である車道を行きます。

sengataki-017.jpg

水遊び広場までは、遊歩道で行けます。

水遊び広場

↑水遊び広場

sengataki-019.jpg

↑崩壊して通行止めになっている遊歩道

せせらぎ遊歩道

迂回路の車道を少し行くとまた、遊歩道へ戻ります。

sengataki-012.jpg

遊歩道は、ほぼ平らな道です。

さらに、途中に案内板があり、千ヶ滝までの距離が書いてあるので、歩きやすいです。

ここは、温泉がわき出ている場所で、ちょうど中間点にあたります。

千ヶ滝まで0.5km、駐車場まで0.5kmと書かれた案内板があります。

この案内板によると、駐車場から千ヶ滝までは1.0kmということになります。

何故か、ネットなどで調べると、片道1.5kmと書かれています。

どっちが正しいのかわかりません。

せせ

平坦な遊歩道ですが、途中一か所だけ、急な階段があります。(写真上)

ただし、距離はめちゃくちゃ短いです。

sengataki-014.jpg

あずま屋の所で、遊歩道と車道がぶつかります。

ここまで来れば千ヶ滝まで後わずかです。

すぐ先に、千ヶ滝まで0.1kmという案内板があります。

sengataki-010.jpg

千ヶ滝までの残り、100mは、すべて階段登りです。

この階段が歩幅が合わなくてめちゃくちゃ歩きづらいです。

さらに全行程の中で傾斜もここが一番きついです。

ここを登ると、千ヶ滝が見えてきます。

千ヶ滝

到着です。

案内図と木の椅子が置いてありくつろげます。

千ヶ滝

滝のまわりも新緑が綺麗です。

千ヶ滝 軽井沢


【コメント】

写真を撮りながらゆっくり歩きましたが、駐車場から千ヶ滝までは私の足で20分くらいでした。

アップダウンのある道が苦手な方は、最初から最後まで車道を歩くという手もあります。

ただし、川沿いの遊歩道の方が歩くには気持ちいいと思います。

ちなみに、車道を行こうが、川沿いの遊歩道を行こうが、最後の100mの階段登りは避けることはできません。

とはいっても、最後の階段登りも距離は短いし、普通の登山と比べたら、それほど傾斜がきついわけではないので、ゆっくりゆけば歩けると思います。

さらに、途中、『千ヶ滝まで0.6km』とか残り距離を示した案内板があるので、励みになります。

全体的に、せせらぎの道は、傾斜は緩やかだし、距離も短いので、時間さえかければ、どなたでも歩けると思います。


【携帯電話情報】

NTTドコモのFOMAは全行程、私がチェックした個所すべてで利用可能でした。

同行者がソフトバンクでしたが、滝周辺では使えましたが、FOMAよりは多少落ちるようです。

auに関してはわかりません。


【トイレ&水場】

トイレは林間駐車場の所に一か所あるだけで、遊歩道の途中や、千ヶ滝周辺にはありません。

水場は、ありません。

トイレには水道がありますが、飲めるかどうかわかりません。

また、川の水は、見た目は綺麗ですが、飲めるかどうかわかりません。

多少水は持って行った方がよいかもしれません。



読めて聴ける英語 伊香保温泉観光ナビ 伊香保レポート 





花の写真

花の写真を撮ってきました。

hana

読めて聴ける英語 伊香保温泉観光ナビ 伊香保レポート 



新緑の雲場池を歩いてきました。

先日、新緑の軽井沢、雲場池を歩いてきました。

今、軽井沢は緑が一番きれいな時期を迎えています。

雲場池

雲場池

雲場池

雲場池

雲場池


読めて聴ける英語 伊香保温泉観光ナビ 伊香保レポート 

つめかえ君の利用法

山旅にはEPIのガスストーブを持ってゆきますが、カートリッジは、EPI製品ではなくて、しばらく前から家庭用のカセットコンロ用のガスボンベを利用しています。

理由は経済的な点と、どこででも手に入るからです。

ただし、そのまま家庭用のカセットコンロ用のガスボンベをEPIのガスストーブでは使えません。

そこで、登場するのが『つめかえ君』です。

この器具を使うと、簡単に、カセットコンロ用のガスボンベのガスをEPI用のガスカートリッジに移動させることが出来ます。


今日は、実際に『つめかえ君』を使ったガスの移動方法を紹介したいと思います。


『つめかえ君』利用方法

1.準備するもの

① 空のEPIガスカートリッジ
② 家庭用のガスコンロ用のガスボンベ
③ 量り
④ 料理用ボール
⑤ 水&氷
⑥ つめかえ君

20090516-tumekaekun-004.jpg

2.やり方

① ガスボンベとEPIカートリッジをつめかえ君で接続します。
② 料理用ボールに水と氷を入れます。
③ そこに、EPIカートリッジ側を下にして置きます。
④ つめかえ君のバルブを開きます。


上の写真のように、ボールに水と氷を入れる代わりに、EPIのカートリッジを冷蔵庫で冷やしても、移動可能です。

とにかく、補充する方の容器を冷やして下側にすれば、ガスは下に落ちます。

また、写真のようにボールで冷やした場合も途中から、ボールから出しても、ガスは下に落ちます。

ガスが上から下へ移動します。

つめかえ君

安いのは3本で200前後で売られている、家庭用カセットコンロ用のガスボンベです。

こちらのガスをEPIのカートリッジに移動させます。

20090516-tumekaekun-002.jpg

空になったEPIのガスカートリッジです。

EPIのガスカートリッジは1本だいたい400円前後します。

1回補充するだけで300円以上の節約になります。

『つめかえ君』が2600円くらいだったので、何回か補充すればすぐ元は取れます。



【やり方とコツ】

つめかえ君の説明書によると、90%くらいの補充にとどめ、100%(満タン)にするなと書かれています。

満タンにするとガスが噴き出て危ないのだそうです。

そこで、つめかえ君を使ってガスを移動させるにはコツがいります。

まず、カセットコンロ用のガスボンベは、通常1本がNET250gです。

(つまり容器を除いた、中身のガスの重さが250gということです)

一方、EPIのガスカートリッジはNET230gなのです。

さらに、その90%しか補充できないので、207gしか入れられないことになります。

そこで、絶えず、量りで重さを量りながら補充することになります。


【EPIガス補充ガイド】

以下の数値はすべてEPIの寒冷地用のカートリッジの場合です。

種類によって重量は違います。

EPIのカートリッジの総重量は以下のサイトに載ってます。

http://www.epigas.com/products/cartridge.html


①EPIカートリッジの総重量(容器+ガス)  376g  

②EPIカートリッジの中身のガスの重量 230g


補充可能量の計測


①補充可能のガス量を調べる ⇒ NET230g X 0.9 =207g

②容器の重さを調べる ⇒ 総重量から中身の重量を引く 376g-230g=146g

③補充可能量  ⇒ 146g+207g = 353g


つまり、空のEPIガスカートリッジは総重量が353gまでガスコンロのガスを補充することができます。


ただし、作業中に、何度も量らなくてはならないので、その都度、つめかえ君を外すのは面倒なので、私は、つめかえ君の重量90gを足した、443gをめどに補充しています。

20090516-tumekaekun-003.jpg

↑これが『つめかえ君』です。EPI用です。

いろいろな種類があります。

詳しくは販売元のサイトをチェックしみてください。

http://www.alva.ne.jp/


【コメント】

ガスの移動は法律的には特に問題ないようです。

また、私も長年『つめかえ君』を使わせてもらってますが、これまで一度もトラブルはありませんでした。

ある程度安全だと思います。

ただし、すべて自己責任でお願いします。



読めて聴ける英語 伊香保温泉観光ナビ 伊香保レポート 

Appendix

プロフィール

龍 (dragon)

  • Author:龍 (dragon)
  • こんにちは、龍です。ご訪問ありがとうございます。主にハイキングと温泉を組み合わせた山旅、風景写真、登山装備などを紹介しているブログです。(山旅以外の記事もあります、下のカテゴリー欄をチェックしてみてください)

    ◇趣味: 旅行、料理、登山、テニス、読書、絵画鑑賞、他多数
    ◇好きなもの: 中日ドラゴンズ、猫、読書、温泉、クラシック音楽、ブナの森、スポーツ全般

    ◇ランキングに参加してみました、よろしかったら、クリックしていただけるとものすごく嬉しいです。
     
     ↓  ↓

    にほんブログ村 旅行ブログ 山・高原へ
    にほんブログ村



最近の記事

お買い物

今コレにはまってます♪

デスパレートな妻たちDVD

私のお気に入り♪

ダーマ&グレッグが好きです。

ブログ内検索

アクセスカウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。