Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

避暑登山

梅雨だというのに連日の猛暑。

おかげで毎週末恒例の山旅は避暑登山となりました。

下界が30度を越す暑さの中、山は快適でした。

涼しい森の中ですごすひと時、至福のひと時です。

マスらしき魚の泳ぐこんな沼のほとりでお昼を食べました。



numa.jpg



山の上から暑い下界を眺めるとこんなかんじです。



yamakaranonagame.jpg


日陰の森の中でも紫外線は70%くらいということで今日はしっかり日焼け止め塗って歩きました。

しかも2時間ごとに塗りなおす念のいれようです。

塗るのはいいのですが、先日焼いた肌は今まさに皮がむけてボロボロ状態なんです。


スポンサーサイト

霧ヶ峰&美ヶ原

2005年6月12日(日)

霧ヶ峰と美ヶ原に行ってきました。

天気がよくて最高でした。

s-kurumayama.jpg


車山登山口


s-00IMG_4517.jpg


美ヶ原


s-00IMG_4532.jpg



s-00IMG_4549.jpg


この日の美ヶ原では彩雲らしきものが見えました。




s-IMG_4543.jpg



■ネットで調べたら、今日見たのは正確には環水平アーク (水平弧、水平環)であることがわかりました。

但し、水平環が彩雲の一種であるという考え方も一部ではあるようです。

木を植える男

木を植える男 ポール・コールマン 4万1000キロ徒歩の旅
木を植える男 ポール・コールマン 4万1000キロ徒歩の旅
菊池 木乃実

新たに読み始めた本です。

前回本屋へ行った時に見つけて興味を持ったのですが、どうせ翻訳本だろうと思い手にもとってみませんでした。

今回また本屋へいったらまた目に付いてしまったので、ぺらぺらめくってみました。

どうやら翻訳本ではないらしいのです。

内容も面白そうだったので早速買いました。

まだ途中までしか読んでませんが、興味深いです。

ちょっと気になるのは翻訳本ではないのですが、日本語がちょっと翻訳調なんです。

たぶん木を植える男ポール・コールマンの実際の日記か何かを作者である日本人が訳してまとめた本なのかもしれません。

ただ、内容がよいので読む価値大いにありです。

ポール・コールマンのサイトもオススメです。

英語サイトなので英語の勉強にもなります。


http://www.earthwalker.com/

バラの花

またまたバラの写真を撮って来ました。

00IMG_4320.jpg



00IMG_4328.jpg



00IMG_4371.jpg



IMG_4356.jpg

お気に入りのブナ林を歩く

お気に入りのブナ林を歩いてきました。
ちょうど新緑でした。

まさに黄緑色のブナの森です。

踏み入った途端、別世界に来てしまったような錯覚に
陥ります。

1年でブナの森が一番綺麗な姿です。

あまりにも綺麗だったので写真撮り過ぎました。

IMG_4300-01.jpg



IMG_4246-01.jpg



IMG_4232-01.jpg



IMG_4228-01.jpg


かなり癒されました。

これで当分がんばれそうです。

東北山旅

IMG_4074-01.jpg


岩手山


IMG_4097-01.jpg


岩手山火口


IMG_4121-01.jpg


高山植物・チングルマ

IMG_4163-01.jpg


早池峰の山

IMG_4148-01.jpg


早池峰登山口ブナ林

モンベル・チャチャパック30リットル購入記

今バックパックの購入を検討しています。

サイズは30リットルです。

日帰りの山旅用です。

すでに65リットルと45リットルのバックパックは持ってるのですが、海外長期旅にも行かなくなった今65リットルなんて出番が激減なんです。

もはや年に1~2度の北アルプスなどのテント泊の山旅の時にしか使いません。

45リットルの方はこれまで日帰り山旅で大活躍だったのですが、最近心境の変化からもう少し身軽に山旅を楽しもうと思うようになったのです。

大は小を兼ねると言う言葉がありますが、ことバックパックに関してはあまり当てはまりません。

大きいとつい目いっぱい荷物を詰め込みたくなり、どうしても過剰装備になってしまいます。

だからといって大きいバックに少ししか入れないと今度は移動中に中身同士がぶつかりあって破損の恐れや不快音の発生、又はバランスの点などで行動に悪影響を及ぼします。

そこでベストは用途に合ったサイズのバックパックを揃える事となります。

今回ネットで色々調べた結果、すごいやつに出会いました。


cyacyapack30l.jpg



モンベルのチャチャパック30リットルです。(写真上)

見た目はもちろん機能面・色などすべて気に入りました。

ついでに名前がいいんです。

北方領土・国後島の最高峰爺爺岳(ちゃちゃだけ)に由来するのだそうです。

これは『即買い!』と判断し、速攻で行きつけのアウトドア店にTELしました。

残念なことにありませんでした。

色違いや35リットル、45リットルモデルはあるというのです。また同じ30リットルでも昨年のモデルなら置いてあるというのです。

私がほしいモデルだけないんです。

こうなったらネットで買うしかないと思ったのですが、購入前にどうしてもサイズだけは目で見て確認しておきたいので即注文とは行きませんでした。

というのも同じ30リットルでもメーカーによって大きさがまちまちなのです。

そこで近々お店で大きさだけチェックしてから決めることにしました。

ゼロポイント チャチャパックの詳細を見る&購入する


◇後日談、チャチャパック購入記

結局アウトドア店を何軒かまわってみて35リットルを購入しました。

30リットルと35リットルをチェックしたのですが、見た目的にはどちらが大きいのかまったくわかりませんでした。

重さも35リットルが1.67kgで30リットルが1.62kgでたった50gしか違わないのです。

そこでたまたま30リットルは気に入った色がなかったので35リットルにしました。

すでに3回ほど山旅に利用しましたが、すごく便利です。

去年のモデルとの違いは両サイドのポケットがメッシュになったのとウエストベルトに小物入れがついた点です。

この小物入れがあれば別にウエストポーチを利用する必要がなくなり便利です。

私はこの小物入れに行動食のナッツ類やデジカメの予備電池やメモリーを入れています。

サイドにポケットが付いているので500mlのペットボトルを2本収納できます。

休憩時にわざわざザック開けなくても飲み物がでるので便利です。

サイドにジッパーがついているのでトップを開けることなくザックの中身が出せます。

冒頭でバックパックは大は小を兼ねないなんて書きましたが、このザックは結構いけそうです。

荷物が少なくて上部が多少空いても紐(ストラップ)とベルトでしっかり締められるので荷物が固定されたままで安定感があります。

これなら多少大は小を兼ねると言えそうです。


かなり満足な買い物でした。


今後、思いっきり使い込んで行きたいと思います。


◇さらなる後日談

先日一緒に山旅に行った人がチャチャパックの去年のモデルを使っていました。

私のより小さく感じたのでこれが30リットルかなと思ってよく見せてもらったら45リットルと書いてありました。

チャチャパックはそれほど見た目では大きさがわかりません。

但し45リットルは重さは1.94kgと35リットルより330gも重いのです。


◇さらに追加情報

上記で35リットルと45リットルは見た目で大きさが見分けられないと書きましたが、それもそのはず、両方とも本体の大きさは全く同じでした。

ただし、45リットルには5リットルの取り外し可能のパックが両サイドに付きます。2つの予備パックの容量が10リットルで、本体とあわせて45リットルとなります。その為、バックパック単体の容量は35リットルです。

予算が許せば45リットルを買って、普段は予備パックは取り外して35リットルで使用して、荷物が多いときだけ予備パックをつけて45リットルにするのが便利そうです。

両方の値段を考慮したら45リットルを買うのがお得のようです。


◇モンベルチャチャパック使用報告  2009年7月12日記す

2009年6月で、モンベルチャチャパック35リットルを購入して丸4年が経ちました。

一回目の使用で、すでに気に入ってしまったのですが、4年経ち、最早、これしかないというほど、使い込み、さらに満足度が高まっています。

ちょっと前のことですが、いつものようにお気に入りのチャチャパック35リットルを背負って、日帰りハイキングに行ってきました。

途中、雨に降られたのですが、十分山歩きを堪能して家に帰りました。

帰ってくると、いつも、チャチャパックの汚れを落として日陰干しにします。

その日は、雨降りだったこともあり、特によく、汚れを落とし、よく拭いてから、チャチャパックを日陰干ししました。

そんな時、翌日のお誘いがあり、次の日も連ちゃんで山歩きに行くことになりました。


さすがに、日陰干し中のチャチャパックは使えないので、久々に、ミレーのバックパックを引っ張り出してきて、パッキングしました。

すでに、その段階で、戸惑いを感じました。

ミレーのザックは、チャチャパックみたいに、小物を入れるポケットがほとんどないのです。

チャチャパックの場合は、ポケットが多く、パッキングには苦労しませんでした。

まず、外蓋の外ポケットに、非常装備(ヘッデン、ナイフ、レスキューシート、予備電池、ライター、コンパス、ザックカバーなどなど)とにかく小物を、入れてました。

また、外蓋の内側にも、容量こそわずかですが、ポケットがあるので、レジ袋や、ジップロックなどの薄い物を入れることが出来ます。

さらに、チャチャパックは、外側の下部にもポケットがあるので、そこには、チョコや飴などの行動食や、サブザック、手袋、トイレットペーパー、細引きなどを入れてました。

さらに、両サイドにメッシュの深いポケットがあるので、片側に、簡易タープと簡易座布団、折りたたみ傘を、もう一方に、500mlのペットボトルと、300mlのテルモスを収納していました。

さらに、下部のポケットの上には、大きめのメッシュポケットがあるので、そこには、登山地図や、一人用のレジャーシートを入れることが出来ます。


さらに、ウエストベルトに、取り外し式の小物入れが付いているので、そちらには、車のキーや、携帯電話や、サプリなどを入れてました。


それが、ミレーのザックにはポケットは、外ふたに1個あるだけなので、小物をパッキングするのにすごく苦労し、今更ながら、チャチャパックの便利さを実感しました。

なんとか、スタッフバックを用意し、ミレーのバックパックに小物は収納したのですが、登山中も、出し入れに不便を感じました。

チャチャパックは、私みたいに、のんびり低山をハイキングするには、すごく、使い勝手の良いバックパックです。

人それぞれ、バックパックも用途が違うので、どなたにもお勧めするわけにはゆきませんが、私は、チャチャパックめちゃくちゃ気に入っています。


◇チャチャパックの唯一気になる点

丸4年間、チャチャパックを使ってみて、ただ、一点だけ、残念に思うのは、背負う所のベルト(ショルダーベルト)のストラップの調整金具(正式名称知りません)が上部だけ何故か金属なのです。(下部やその他の部分はすべてプラスチック)

その為、私のチャチャパックはすでに金属部分が錆びてしまったのです。


分かりやすく写真を貼っときます。

  ↓  ↓

モンベルチャチャパック


バックパックの泥の汚れとかは、毎回、きっちり落として日陰干ししてたのですが、水分に関して、最初の頃、手入れが甘かったようです。

干せば大丈夫だろうと思ってました。

甘かったです。

たぶん、雨とかの濡れだけだったら、軽く拭いて日陰干しで全く問題なかったと思います。

ただし、私の場合、汗かきなので、塩分を含んだ水分が金属に触れたため、錆びてしまったようです。

金属に塩分は要注意のようです。

(実際、私はデジタル一眼レフカメラを登山中の汗で壊してます)

錆に気が付いてから、帰宅後、金属部分の水分をよく取ってから干すようにしましたが、すでに手遅れでした。

ちなみに、私のミレーのザックは、金属は使ってなくて、ベルトの調整部分は、すべてプラスチックなので、錆びる心配はありません。

こちらは、チャチャパックの欠点と言うより、汗がかかったのに気が付かなくて良く拭かなかった私が悪いのですが、どうせなら、上下ともプラスチックだったら、汗かきの私にはよかったと思います。

それだけが、唯一残念に思う点です。


  ↓  ↓

ゼロポイント チャチャパックの詳細を見る&購入する


◇ランキングに参加してみました、よろしかったら、クリックしていただけるとものすごく嬉しいです。
 
 ↓  ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 山・高原へ
にほんブログ村


読めて聴ける英語 伊香保温泉観光ナビ 伊香保レポート 


登山・アウトドア・スポーツ専門店【ICI石井スポーツ】





花図鑑

himeichige.jpg

■ヒメイチゲ↑


syoujyoubaka.jpg

■ショウジョウバカマ↑


shiraneaoi.jpg

■シラネアオイ↑


murasakiyashio_01.jpg

■ムラサキヤシオ↑


syakunage.jpg

■シャクナゲ↑


■読めて聴ける英語

上村愛子さんのブログ Road to Torino

モーグルの上村愛子さんが昨日(5/31)からブログを始めました。

最近有名人のブログが増えて嬉しい限りです。




■上村愛子さん公式ブログ Road to Torino

http://blog.excite.co.jp/aikouemura

■上村愛子さん関連商品

上村愛子 笑顔のゆくえ
上村愛子 笑顔のゆくえ
上村 愛子, 山石 やすこ, 水谷 たかひと

だから、いつも笑顔で
だから、いつも笑顔で
上村 愛子


Appendix

プロフィール

龍 (dragon)

  • Author:龍 (dragon)
  • こんにちは、龍です。ご訪問ありがとうございます。主にハイキングと温泉を組み合わせた山旅、風景写真、登山装備などを紹介しているブログです。(山旅以外の記事もあります、下のカテゴリー欄をチェックしてみてください)

    ◇趣味: 旅行、料理、登山、テニス、読書、絵画鑑賞、他多数
    ◇好きなもの: 中日ドラゴンズ、猫、読書、温泉、クラシック音楽、ブナの森、スポーツ全般

    ◇ランキングに参加してみました、よろしかったら、クリックしていただけるとものすごく嬉しいです。
     
     ↓  ↓

    にほんブログ村 旅行ブログ 山・高原へ
    にほんブログ村



最近の記事

お買い物

今コレにはまってます♪

デスパレートな妻たちDVD

私のお気に入り♪

ダーマ&グレッグが好きです。

ブログ内検索

アクセスカウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。